小田原の家族信託・不動産・相続の専門家「行政書士 長尾影正事務所」

「不動産・相続の専門家」小田原市の行政書士 長尾影正事務所

無料相談窓口 一人で悩まず、まずはご相談を お気軽にお問い合わせください

TEL 0465-39-1900 受付時間(平日)10:00〜18:00

2017年05月27日(土)

なぜ空き家になってしまうのか?⑩ 遺言書の問題点



みなさんこんにちは!




小田原の

不動産・相続専門行政書士

長尾影正です。

 

 

 

前回のブログの続きで、

空き家にしないための方法について

解説していきますね。

 

 

 

「誰が実家を相続するのか?」

 

実家が空き家になるのを防ぐのに

 

遺言書」を作成して

実家を相続する者を決めておく

 

という方法について説明しました。

 

 

 

遺言書の問題点のひとつに

 

財産の承継先は一代先までしか決められない

 

ということがあげられます。

 

 

 

たとえば、

 

「将来も実家に住み続けたい」

 

という奥様の希望に沿うよう、

 

ご主人が遺言書を作成したとします。

 

 

 

しかし、

奥様が亡くなったあとのことについては

 

奥様が決めなければなりません

 

 

 

もし、

実家を相続した奥様が認知症になっていたら?


 

奥様は遺言書を作成することができません。

 

 

奥様が亡くなった後は

両親と同居しながら面倒を見てきた

長男に実家を遺したい
と思っても

奥様が認知症になっていると

そのような遺言書を作成することができません


 

誰が実家を相続するのかという問題が

 

ここでも浮上してきます。

 

 

 

このような場合に備えて

 

家族信託を活用しておけば

問題を解消することができます。

2017/05/27 07:00 | 空き家予防対策


無料相談窓口 一人で悩まず、まずはご相談を お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

TEL 0465-39-1900 受付時間(平日)10:00〜18:00

お問い合わせフォームへ

家族信託・相続・不動産の専門家 行政書士 長尾影正事務所

〒250-0865
神奈川県小田原市蓮正寺370-68

TEL0465-39-1900

FAX0465-39-1901

マンガでわかる家族信託
差し上げます!
毎月発行!
相続レポート
「すまいる通信」
長尾影正 Facebook
主な活動エリア
・小田原市
・南足柄市
・開成町
・松田町
・大井町
・秦野市
・伊勢原市
・厚木市
・海老名市
・大和市
・中井町
・二宮町
・大磯町
・平塚市
・茅ヶ崎市
・藤沢市
・箱根町
・真鶴町
・湯河原町

不動産・相続の専門家 行政書士 長尾影正事務所

〒250-0865 神奈川県小田原市蓮正寺370-68 TEL : 0465-39-1900 FAX : 0465-39-1901

Copyright © 行政書士 長尾影正事務所 All righvts reserved.