小田原の家族信託・不動産・相続の専門家「行政書士 長尾影正事務所」

「不動産・相続の専門家」小田原市の行政書士 長尾影正事務所

無料相談窓口 一人で悩まず、まずはご相談を お気軽にお問い合わせください

TEL 0465-39-1900 受付時間(平日)10:00〜18:00

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年10月29日(火)

親子で築く、あんしん老後対策のすすめ

みなさん、こんにちは。

小田原の家族信託・不動産・相続専門

行政書士の長尾影正です。






あんしん老後対策を行うためには

「親子の話し合い」が欠かせません。



お子さんは

「親の老後資金が預金だけで足りるのかが

分からなくて心配



もし、老人ホームに入ることになったら、

家などの不動産を売却して

その資金をもとに

施設費用の支払いに充てることに

なるかもしれない・・・」

と漠然とした不安を抱えている方が多いです。



つまり、お子さんは

分からないから心配」なのです。



なので、親からお子さんに

「財産がいくらある」と伝えておくことも

老後対策のひとつになります。




そして、

「家などの不動産を売却しなければ

老後資金が足りなそうだ」

ということであれば、

いざというときに売却できるような

準備が必用です。



不動産を売却をするためには、

売却時に本人の意思確認が必用です。



もし、親が病気で倒れたり

認知症で理解力ができないと

家を売却することができません。



それが原因で

空き家問題にもなっているのです。



親に代わって

お子さんに家の売却をしてもらう方法として

家族信託があります。



お子さんに

財産の管理・処分を任せる

家族信託の契約を、

親が認知症になる前に結んでおきます。



そうすることによって、

将来、親が病気や認知症になったとしても、

お子さんが不動産の売却をできるので安心です。



さらに
家族信託の良いところは、

お金の管理もお子さんに任せることが

できることです。



年々、

銀行の本人確認が厳しくなってきていて、

親の代わりにお子さんが銀行に行ったとしても

窓口の方に「親を連れてきてください」とか

「本人が自筆で伝票を書いてください」

など言われてしまいます。



足腰が悪くなった親を

わざわざ銀行まで連れて行くのに

苦労されている方が多いのですが、

家族信託をしておけば、

親が銀行に行くことなく

お子さんが預金をおろすことができるようになります。




子どもに迷惑をかけたくないという方には

家族信託がおすすめです。



家族信託専門士によるセミナーを開催します


続きを読む...

2019/10/29 00:24 | 家族信託

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

無料相談窓口 一人で悩まず、まずはご相談を お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

TEL 0465-39-1900 受付時間(平日)10:00〜18:00

お問い合わせフォームへ

家族信託・相続・不動産の専門家 行政書士 長尾影正事務所

〒250-0865
神奈川県小田原市蓮正寺370-68

TEL0465-39-1900

FAX0465-39-1901

マンガでわかる家族信託
差し上げます!
毎月発行!
相続レポート
「すまいる通信」
長尾影正 Facebook
主な活動エリア
・小田原市
・南足柄市
・開成町
・松田町
・大井町
・秦野市
・伊勢原市
・厚木市
・海老名市
・大和市
・中井町
・二宮町
・大磯町
・平塚市
・茅ヶ崎市
・藤沢市
・箱根町
・真鶴町
・湯河原町

不動産・相続の専門家 行政書士 長尾影正事務所

〒250-0865 神奈川県小田原市蓮正寺370-68 TEL : 0465-39-1900 FAX : 0465-39-1901

Copyright © 行政書士 長尾影正事務所 All righvts reserved.