小田原の不動産・相続の専門家「行政書士 長尾影正事務所」

「不動産・相続の専門家」小田原市の行政書士 長尾影正事務所

無料相談窓口 一人で悩まず、まずはご相談を お気軽にお問い合わせください

TEL 0465-39-1900 受付時間(平日)10:00〜18:00

2017年06月17日(土)

なぜ空き家になってしまうのか?⑬ 実家を共有で相続すると空き家になる?



みなさんこんにちは!




小田原の

不動産・相続専門行政書士

長尾影正です。

 

 

 

前回のブログの続きで、

空き家にしないための方法について

解説していきますね。

 

 

 

なぜ空き家になってしまうのか?

 

①認知症になってしまい売却ができない

 

②相続で話し合いがまとまらない

 

③共有になっていて意見がまとまらない

 

といったことが原因として考えられます。

 

 

 

今まで①と②について見てきました。

 

 

 

続いては

 

③共有になっていて意見がまとまらない

 

について解説していきます。

 

 

 

親から相続した不動産を

 

兄弟で均等に共有しているというケースが

 

少なくありません。

 

 

 

このような共有不動産を売却する場合には

 

共有者全員で行わなければなりません

 

 

 

一人でも反対する者がいれば

 

売却することができません

 

 

 

「思い出の家を売りたくない」

 

「そんな安い金額だったら売っても仕方がない」

 

など、売却に反対する人がいると

 

売却することができません

 

 

 

その結果、空き家になってしまうのです

2017/06/17 07:00 | 空き家予防対策


無料相談窓口 一人で悩まず、まずはご相談を お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

TEL 0465-39-1900 受付時間(平日)10:00〜18:00

お問い合わせフォームへ

家族信託・相続・不動産の専門家 行政書士 長尾影正事務所

〒250-0865
神奈川県小田原市蓮正寺370-68

TEL0465-39-1900

FAX0465-39-1901

マンガでわかる家族信託
差し上げます!
毎月発行!
相続レポート
「すまいる通信」
長尾影正 Facebook

不動産・相続の専門家 行政書士 長尾影正事務所

〒250-0865 神奈川県小田原市蓮正寺370-68 TEL : 0465-39-1900 FAX : 0465-39-1901

Copyright © 行政書士 長尾影正事務所 All righvts reserved.